滋賀県看護連盟ブログ

ベッドサイドから政治を変える!政治力を獲得して、看護職の明るい未来を築いていきましょう!
<< 平成27年度日本看護連盟通常総会 | main | 平成27年度滋賀県看護連盟通常総会を開催しました >>
小規模福祉活動に参加しています
 6月12日(金)午後、守山から社会福祉協議会を通じて、福祉協力員の方々26名が、お茶の間創造事業「おいでやす」の視察に来られました。
 私の住んでいるところは、米原市です。
 2年前に米原市で、お茶の間創造事業のモデル事業の募集がありました。
 私も発起人として加わって活動をしています。それが、「おいでやす」です。
 市の思惑はどうかわかりませんが、私たちは地域に住む住民がお互いに助け合い、多少認知症になってもこの地域で住めるようそんなことを考えて活動しています。
 昼の間お年寄りを一人にさせないことを目的に、お茶の間カフェを週3回(月・水・金の午後1時から4時まで)開いていて、毎回10人から20人の参加があります。
 また、一人暮らしの方の生活の手助けボランティアや、病院への送り迎え、お買いものツアーなど参加者の希望を聞きながら事業を続けて、ようやく1年半がたちました。
 最初は、どこかから派遣されてきた看護師と間違われた私でしたが、最近は日常でも声をかけていただくことが増え、やっとこの地区の住民になれたような気がしました。
 守山からの視察の皆さんには、会長から経過報告があり、そのあとグループごとに交流会をしました。
 開催されていたお茶の間も見学をしていただきました。

 副会長  野一色信子

 
| その他 | 12:32 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode