滋賀県看護連盟ブログ

ベッドサイドから政治を変える!政治力を獲得して、看護職の明るい未来を築いていきましょう!
<< 定例役員会 | main | 働く女性の20人に1人は看護職、「学童保育」の抜本改革に期待! >>
お盆によせて
 暦の上では立秋を迎えましたが、連日の酷暑の中、皆様健やかにお過ごしでしょうか。
 私は昨日お盆前ですが、一足早く先祖のお墓参りをすませました。

 このたびの東日本大震災の犠牲になられた方の御霊、そして残された方々の心にも言いようのない深い悲しみの残る今年のお盆への想い‥‥。
 会員の皆様の中にも家族や近しい方々の初盆を迎えられる方もおられるでしょう。
 ‥‥心安らかにお眠りくださいと願うばかりです。

 そして今日は早いもので震災からちょうど5ヶ月です。
 今朝、福島県看護連盟から贈ってくださった看護連盟便りが届きました。
 大震災と原発事故の後の医療現場を、看護職の使命と専門性を出し切って今日まで乗り越えておられるご様子が伺え、頭が下がるとともに看護の仲間として誇りと尊敬の念でいっぱいになり、久しぶりに福島県、宮城県そして岩手県の会長様にお電話で近況を伺いました。
 被災地で頑張っておられる看護職の様子は、日本看護連盟ホームページの「被災地で頑張り続けている看護の仲間を応援しよう! 看護連盟プロジェクト」に詳しく掲載されていますので是非ご覧ください。

 滋賀県看護連盟でも被災地への支援を続けていきたいと思っています。
 詳しい計画が決まりましたら各支部やホームページを通じてお知らせさせていただきますので、その節は皆様のご協力をお願いいたします。
 

滋賀県看護連盟  赤沼
| その他 | 16:44 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode