滋賀県看護連盟ブログ

ベッドサイドから政治を変える!政治力を獲得して、看護職の明るい未来を築いていきましょう!
働く女性の20人に1人は看護職、「学童保育」の抜本改革に期待!
  働く女性を巡る課題は、時代や環境の変化と共に新しく出現こそすれ皆無になるにはまだまだ道は遠そうだと言えそうです。
 今や働く女性の課題イコール看護職の課題でもあるわけです。

 働く女性が安心して仕事を継続するための課題の一つに「学童保育(放課後児童クラブ)」があります。
 今日までの省庁の縦割りなどの障壁により改革が遅れてきましたが、この課題を我らが看護職の代表国会議員の1人・あべ俊子衆議院議員が中心となり、超党派の国会議員勉強会を始動し、2回にわたり厚労省よりヒアリングを実施されています

 また、関連の活動として、全国の学童保育協議会との意見交換会開催等、来年度の予算の概算請求に盛り込むべく進められています。

 一人の女性として、働く女性として、法整備と予算獲得に大いに期待したいものです


滋賀県看護連盟  山本
| その他 | 18:47 | - | - |
お盆によせて
 暦の上では立秋を迎えましたが、連日の酷暑の中、皆様健やかにお過ごしでしょうか。
 私は昨日お盆前ですが、一足早く先祖のお墓参りをすませました。

 このたびの東日本大震災の犠牲になられた方の御霊、そして残された方々の心にも言いようのない深い悲しみの残る今年のお盆への想い‥‥。
 会員の皆様の中にも家族や近しい方々の初盆を迎えられる方もおられるでしょう。
 ‥‥心安らかにお眠りくださいと願うばかりです。

 そして今日は早いもので震災からちょうど5ヶ月です。
 今朝、福島県看護連盟から贈ってくださった看護連盟便りが届きました。
 大震災と原発事故の後の医療現場を、看護職の使命と専門性を出し切って今日まで乗り越えておられるご様子が伺え、頭が下がるとともに看護の仲間として誇りと尊敬の念でいっぱいになり、久しぶりに福島県、宮城県そして岩手県の会長様にお電話で近況を伺いました。
 被災地で頑張っておられる看護職の様子は、日本看護連盟ホームページの「被災地で頑張り続けている看護の仲間を応援しよう! 看護連盟プロジェクト」に詳しく掲載されていますので是非ご覧ください。

 滋賀県看護連盟でも被災地への支援を続けていきたいと思っています。
 詳しい計画が決まりましたら各支部やホームページを通じてお知らせさせていただきますので、その節は皆様のご協力をお願いいたします。
 

滋賀県看護連盟  赤沼
| その他 | 16:44 | - | - |
滋賀県看護連盟のブログを始めました。
本日より滋賀県看護連盟のブログを始めました。
活動報告や今後の行事について発信していきます。

近々、滋賀県看護連盟のホームページを公開致します。
公開時にブログにてご案内させて頂きます。

今後共、よろしくお願い致します。
| その他 | 00:53 | - | - |